東アジア共同体研究所

友愛・スピーチ

第13回International Finance Forum「F20 Initiative: Restore the Essence of Finance」に出席し、基調講演を致しました。

鳩山理事長は、2016年8月31日~9月2日に上海で開催された第13回International Finance Forum「F20 Initiative: Restore the Essence of Finance」に出席し、基調講演を致しました。
パネルディスカッション「Green Finance: Comprehensive and Sustainable Development and Green Growth」での鳩山氏の発言を一部紹介します。

鳩山由紀夫:
(日本語訳)NASAによれば、今年の上半期で世界の平均気温が0.3℃上昇した。この事実だけを見ても、2℃以下に抑えると言う昨年末のパリ協定が、このままではあっという間に破られてしまうことは目に見えている。
400年ほど前までは人口増加は年間6.7万人程度であったが、今や7,700万人に達している。ヴァクラフ・スミル氏によると、人間の総重量は全ての動物の体重の30%を占め、家畜の重量は67%であるという。生物多様性のバランスは完全に狂ってしまった。雪や氷に覆われていない地球の土地の43%が農地や市街地になった。人類は穀物栽培のために南アメリカほどの広さの土地を、家畜放牧のためにアフリカほどの土地を利用していると言われている。そして化石燃料の燃焼によって、大気中のCO2濃度は産業革命以前の280ppmから35%増えて、400ppmに達している。既に地球温暖化は進行しており、地球の平均気温は産業革命前から1℃上昇している。既に地球温暖化を食い止めることは不可能な、不可逆的な状況になってしまっているとも言えよう。人間の欲望の成せる業である。
138億年前に誕生した宇宙には、1千億個以上の銀河があり、宇宙誕生の10億年ほどで誕生した天の川銀河は2千億個の星からなる。その一つの星である46億年前に誕生した太陽系の惑星の一つが地球である。このように無数にある惑星ではあるが、地球のように生命を育むことができる条件を持つ惑星は奇跡と呼ぶべきである。その地球では原始的生命は約40億年前に誕生しているが、多細胞生物になるまでに34億年かかっているのである。60兆個の細胞を持つ人間が出現したのはやっと20万年前のことである。非常に微妙なバランスの上に人類が生存出来ていることを理解しなければならない。この絶妙なバランスを人間自らの業によって崩してしまうことになれば、人間のような複雑な生命体はあっという間に地球からそして宇宙から消滅してしまうに違いない。
したがって、私たちは今後あらゆる活動に於いて、地球環境に配慮する必要がある。それは生産者においても、消費者においても同様である。世界のあらゆる人々が環境倫理に基づいて行動することが求められる。環境倫理の三原則は、自然中心主義、世代間倫理、地球全体主義である。人間の活動の自由を正当化する原則は、個人においても国家においても、自然との調和と行為の安定的持続を基準として判定され、国境を超えて適用されなければならない。Green financeはその目的を果たすために用いられる一つの有効な手段である。即ち、Green financeとは、あらゆるprojectを考察する際に、そのprojectが自然と調和しているか、自然を破壊することにならないか、また、そのprojectが現世の功利主義に基づいて後世のことを考慮していないのではないか、あるいは持続可能性を十分に考察しているか、さらには、そのprojectが地球全体からみて妥当か否かを判断して優劣を決めることである。人間の棲む地球にとって、死活的に重要なテーマであると信じる。(日本語訳)
Yukio Hatoyama:
(English) According to NASA data, the average world temperature rose by 0.3 degrees Centigrade during the first half of this year alone. If this trend continues, it would seem that the pledge of the Paris Agreement, drafted at the end of last year, to hold the temperature increases to within two degrees Centigrade, will be broken in on time at all.
About 400 years ago, the global population is believed to have increased at an annual pace of about 670,000 (six hundred and seventy thousand) persons. Today, that growth has soared to 77 million persons per year.
As reported by noted historian Vaclar Smil, the total body weight of all human beings accounts for about 30 percent of the weight of all animal life. The share of livestock animals, meanwhile, is said to be 67 percent of the total. As these figures show, global biodiversity has become severely unbalanced.
Besides this, some 43 percent of the Earth’s land not covered by snow or ice has been made into farmlands or urban zones. It is said that human beings now use lands equivalent to all of South America for cultivating grains; and lands the size of the entire African Continent for grazing livestock.
With the burning of fossil fuels, the level of carbon dioxide in the atmosphere has reached 400 parts per million. This is an increase of 35 percent from the 280 parts per million that existed before the Industrial Revolution.
Global warming has advanced considerably. The Earth’s average temperature has gone up by one full degree Centigrade from the level prior the Industrial Revolution. Many experts say that it has become impossible to halt, let alone reverse, the trend of global warming. This deplorable situation is truly the result of the endless extent of human greed.
The Universe, now 13.8 billion years old, is said to contain over 100 billion galaxies. The Milky Way, a galaxy that came into existence about one billion years after the Universe emerged, contains about 200 billion stars. The Earth is one of the planets in our own Solar System, which was created 4.6 billion years ago.
As these statistics show, the number of planets is truly infinite. The very existence of the Earth, a planet capable of supporting life, as we know it, is nothing less than a miracle. On this planet, primitive forms of life first appeared about four billion years ago. After that, another 3.4 billion years passed before multi-cellular organisms emerged. Human beings, a life form comprised of 60 trillion cells, are believed to have finally come about 200,000 (two hundred thousand) years ago.
Clearly, therefore, mankind survives on the basis of an extremely delicate balance. If the actions of human beings themselves directly upset this balance, there is little doubt that the complex human life form would rapidly vanish from the face of the Earth. Obviously, therefore, we must remain closely aware of the impact on the global environment of all aspects of our everyday activities. This naturally applies equally to both producers and to regular consumers as well.
Toward that end, people all over the world must base their actions in “environmental ethics.” In my view, the three guiding principles of environmental ethics consist of “Nature-centrism,” “Inter-generational ethics,” and “Earth totalitarianism.”
All principles seeking to legitimize the freedom of human behavior must be judged by the benchmark of stable continuation of actions that are in harmony with nature. This refers to behavior on both the individual and national level, with the need to expand application beyond national and regional borders.
“Green Finance” is one effective means of achieving this aim. Simply stated, Green Finance is a tool applied to considerations of all different types of projects. Taking advantage of this standard, we must determine whether a project is in harmony with nature, or, if it may undermine the natural order. Is the project rooted in utilitarian considerations only for the current generation, with no thought devoted to the needs of future generations? Is ample consideration given to sustainability? Is the project appropriate for the planet as a whole?
These are just a few of the criteria that must be used to determine the merits and demerits of each undertaking. I think you will agree that this is a truly essential, life-and-death theme, for the planet inhabited by the human race.

pagetop

■PCの推奨環境

【ブラウザ】
・IE9以上
・Firefox最新版
・Chorme最新版
・Safari 最新版

■SPの推奨環境

【ブラウザ】
・各OSで標準搭載されているブラウザ
【OS】
・iOS 7.0以降
・Android 4.0以降