東アジア共同体研究所

徴用工問題:個人請求権を認めて仲裁委員会での決着を図れ Alternative Viewpoint 第5号

Alternative Viewpoint

徴用工問題:個人請求権を認めて仲裁委員会での決着を図れAlternative Viewpoint 第5号2020年6月18日前号(第3号)と前々号(第4号)で論じたとおり、米中対立は今後も一層激化し、日本も否応なくそれに巻き込まれることは避けられない見通しとなった。その時、日韓関係が今のように悪化したままでは何かと都合が悪い。日韓関係の改善に取り組むことは、日本外交が生き残るための「戦略的な要請」と捉...

more

「中国たたき」のメニュー:米中対立はいかに激化するか?

Alternative Viewpoint

Alternative Viewpoint 第4号「中国たたき」のメニュー:米中対立はいかに激化するか?2020年5月30日前号(AV第3号)では、今日の米中対立の実相について、その背景、特徴、米国内の政治力学等の観点から点検、整理してみた。残念ながら今後、米中対立の激化は避けられそうもない。我々にはそれを止める術もない。だが、事前に想定を立てて対策を練っておくことはできる。本稿では、...

more

「トランプ 対 中国」から「米国 対 中国」へ

Alternative Viewpoint

Alternative Viewpoint 第3号「トランプ 対 中国」から「米国 対 中国」へ2020年5月27日新型コロナウイルス対応の緊急事態解除や検察法改正問題のゴタゴタに我々が目を奪われている間にも、米中の地政学的な対立はますます深刻化している。5月15日、ドナルド・トランプ大統領は「(中国との)すべての関係を断ち切ることもできる」「すべての関係を断ち切ると、5,000億ドル(...

more

今こそ、漸進主義に立ち戻れ~緊急事態を解除せずとも、経済・社会面の痛みは緩和できる

Alternative Viewpoint

今こそ、漸進主義に立ち戻れ~緊急事態を解除せずとも、経済・社会面の痛みは緩和できるAlternative Viewpoint 第2号2020年5月13日」前号を配信した5月4日、安倍晋三総理は記者会見を開き、新型コロナに関する緊急事態の期限を当初予定の5月6日から今月末まで延長すると発表した。その安倍会見から6日後、NHKの『日曜討論』に出演した西村康稔経済再生担当相(新型コロナ対策担当)は、14日をめ...

more

欠如する正しい危機感~新型コロナウイルスが招いた「3つの危機」とは何か?

Alternative Viewpoint

はじめまして。4月1日から東アジア共同体研究所で上級研究員として働き始めた須川です。これからは鳩山理事長の下、私なりの情報発信を行ってまいります。どうぞよろしくお願いします。 【プロフィール】須川清司(すがわ きよし)1983年、早稲田大学政治経済学部を卒業し、住友銀行(現在の三井住友銀行)勤務。資金為替部、シカゴ支店、シンガポール支店等を経て1995年に同行退職。1996年、シカゴ大...

more

  • <<
  • 1
  • >>
pagetop

■PCの推奨環境

【ブラウザ】
・IE9以上
・Firefox最新版
・Chorme最新版
・Safari 最新版

■SPの推奨環境

【ブラウザ】
・各OSで標準搭載されているブラウザ
【OS】
・iOS 7.0以降
・Android 4.0以降