東アジア共同体研究所

イベント

「コザ暴動から50年」ウィークリー沖縄 Vol.37

当研究所の琉球・沖縄センターが制作するウィークリー沖縄。

今週は50年前に発生したコザ暴動を取り上げました。

以下URLからご覧ください。

【内容】
1970年12月20日未明、米軍施政権下の沖縄・コザ市(現 沖縄市)で、米軍人が県民をはねる交通事故が発生。

現場に集まった市民に対し、現れた米軍警察は威嚇発砲を行う。

これに怒った市民は、米軍車両や施設に対し、焼き討ちを行った。

これがのちに「コザ暴動」と呼ばれる事件である。

あれから50年。

今年は県内各地で「コザ暴動」を振り返るシンポジウム、そして米軍車両を模した車両をひっくり返す「追体験」パフォーマンスも行われた。

今回のウィークリー沖縄は、「コザ暴動」を巡る人々の想いに迫った。

pagetop

■PCの推奨環境

【ブラウザ】
・IE9以上
・Firefox最新版
・Chorme最新版
・Safari 最新版

■SPの推奨環境

【ブラウザ】
・各OSで標準搭載されているブラウザ
【OS】
・iOS 7.0以降
・Android 4.0以降