東アジア共同体研究所

イベント

【前編】「基地建設に利用される戦没者達」 ウィークリー沖縄 vol.47

沖縄戦で亡くなった方々の遺骨が混入している土が、辺野古の新基地建設に使われようとしています。

この土砂採取計画に対し、反対・抗議の意を示すため、沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅 隆松さん(67歳)が3月1日からハンガーストライキに入りました。

今週と来週のウィークリー沖縄は、具志堅さんの命がけのハンガーストライキの模様をお伝します。

「戦争で命を落とした人々の骨を、再び戦争用の場所である軍事基地には使わせない」

下記URLからご覧ください。

pagetop

■PCの推奨環境

【ブラウザ】
・IE9以上
・Firefox最新版
・Chorme最新版
・Safari 最新版

■SPの推奨環境

【ブラウザ】
・各OSで標準搭載されているブラウザ
【OS】
・iOS 7.0以降
・Android 4.0以降