東アジア共同体研究所

イベント

識名園(シチナヌウドゥン) 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」シリーズ第6回

今回のウィクリー沖縄は、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」シリーズ第6回で、「識名園」を取り上げました。

識名園(俗にシチナヌウドゥンと呼ぶ)は、琉球王家最大の別邸で、国王一家の保養や外国使臣の接待などに利用されました。

1799年につくられ、1800年に尚温王冊封のため訪れた正使 趙文揩、副使 李鼎元を招いています。

2000年(平成12年)12月2日には、ユネスコ世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)として登録されました。

前回に引続き、當眞嗣一先生にお話を伺いました。

下記URLからご覧ください。

pagetop

■PCの推奨環境

【ブラウザ】
・IE9以上
・Firefox最新版
・Chorme最新版
・Safari 最新版

■SPの推奨環境

【ブラウザ】
・各OSで標準搭載されているブラウザ
【OS】
・iOS 7.0以降
・Android 4.0以降